Contents
ダウンロード
ホーム > 図書

図書

本を借りる場合は、『図書室利用者カード』が必要です。
『図書室利用者カード』を作るための登録申請書は、本人の申請が原則です。
カウンターにてお申し込みください。住所、氏名、生年月日等が確認できるもの(保険証・免許証・学生証等)を提示してください。
※登録申請手続き受付時間 8:30〜17:00
利用時間 8:30〜19:00 貸出期間 10日間
休室日 文化会館の休館日 貸出冊数 3冊まで
当図書室は、複合施設の中にございますので、催し物の開催状況によりましては音の
漏れ聞こえる環境になることもあります。
また、学習専用ではございませんのでご留意のうえ、図書室をご利用ください。
図書室からのお知らせ
新刊案内
6件中 1-6 を表示
おしごと年鑑
おしごと年鑑

朝日新聞出版


みんなの「?」から、おしごとの世界が見えてくる!
・お砂糖はなぜ白いの?
・屋上にプールがあっても水もれしないのはどうして?
・地球でいちばん力持ちの生き物は何?
・大ヒットゲームはどうやってつくるの?

その「?」に、お仕事のプロが答える、見て楽しい年鑑!

9月1日 母からのバトン
9月1日 母からのバトン

樹木希林・内田也哉子 著


どうか、生きて。
「死なないで、死なないで……。
今日は、大勢の子どもが自殺してしまう日なの」――病室で、言葉を詰まらせながらつぶやいた母。
遺された娘は考える。これは、「ままならない人生」を生きるための物語。

内田也哉子が4つの対話の末に辿り着いた、それでもこの「命」を生きることの意味とは。

罪の轍
罪の轍

奥田 英朗 著


「何としても吉夫ちゃんを両親の許に戻さなくてはならない」

昭和三八年。北海道礼文島で暮らす漁師手伝いの青年、宇野寛治は、窃盗事件の捜査から逃れるために身ひとつで東京に向かう。
東京に行きさえすれば、明るい未来が待っていると信じていたのだ。

一方、警視庁捜査一課強行犯係に所属する刑事・落合昌夫は、南千住で起きた強盗殺人事件の捜査中に、子供たちから「莫迦」と呼ばれていた北国訛りの青年の噂を聞きつける――。

オリンピック開催に沸く世間に取り残された孤独な魂の彷徨を、緻密な心理描写と圧倒的なリアリティーで描く傑作ミステリ。

烈風ただなか
烈風ただなか

あさの あつこ 著


己が斬るのは公儀か、それとも父か?
あの斬殺事件から二年。再び血が流れ、闇が広がる。
今度こそ守る、鬼になっても。

親友の許嫁、彼女はいったい何を見たのか?
鳥羽新吾の学友らが斬殺、自裁した事件から二年。林の中で見つけた死体が消えた」と訴える隠居が水死する。
直前、親友の弘太郎から紹介された許嫁の八千代は、なぜか「鳥羽」の名前に慄き逃げ退っていった。
二年前の記憶が過ぎる。鳥羽家の宿命、そして父・兵馬之介が抱える密事とは。

カインは言わなかった
カインは言わなかった

芹沢 央 著


芸術に魅入られた人間と、なぶられ続けてきた魂の叫び。
“沈黙”が守ってきたものの正体に切り込む、罪と罰の物語。

「世界の誉田」と崇められるカリスマ芸術監督率いるダンスカンパニー。
その新作公演三日前に、主役の藤谷誠が姿を消した。
壮絶なしごきにも喰らいつき、すべてを舞台に捧げてきた男に一体何が?
“~”に選ばれ、己の限界を突破したいと願う表現者たちの切なる願いと、その陰で人知れず踏みにじられてきた者たちの声なき声……。

虹にすわる
虹にすわる

瀧羽 麻子 著


椅子作りの才能があるのに、実家で修理工をしている徳井。
椅子への情熱を持て余し、大手の工房を飛び出した魚住。
違うタイプのふたりが、学生時代の約束のもと、小さな工房を始める。
不器用なふたりは、友情でも恋でも仕事でもギクシャク……。
それでも、お互いの存在を誰よりも必要としていた。
誰かに求められると、昨日より少し強くなれる。

海沿いの町の小さな椅子工房で夢の続きを見ることにしたこじらせ男子″ふたりの友情と奮闘の物語。

※内容は、新刊本の帯に書かれている内容を引用しております。
Copyright (c) 2013 CULTURAL ARTS CENTER of KIYOTAKE. All Rights Reserved.